ゲーム

【ファイアーエンブレム】ファミコン時代を駆け走った!

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の世界
あらゆる異界の支配を目論むエンブラ帝国と、それに抗うアスク王国、2つの国が存在する世界。
歴戦の英雄たちの力を借り得る“召喚師”として特別な力を持つあなたは、滅亡の危機に瀕するアスク王国を救うため、特務機関“ヴァイス・ブレイヴ”の一員となり、果てない戦いに挑みます。

簡単な操作性

アプリバージョンにかわり操作方法が分かりづらくなったと思われる方もいると思います。
しかし、実はその逆でコンパクトサイズの画面となり親指1つで操作可能なシンプル性に富んだシステムになっています。
8 × 6ますのバトルフィールドはスクロールする手間が全くありません!
自軍は4キャラで編成。キャラのコストの概念はないので、自由に好きな4キャラを編成できます。
 ゲームは自軍と敵軍の交互にターンが回ってくるオーソドックスなタイプで、各軍の全キャラが行動を終えると相手ターンに変わります。原則的に、相手を全滅させれば勝利となります。
歩きスマホは推奨しませんが、家事をしながら電車に乗りながらの楽しみ方も可能となっています。
ちなみにシリーズでおなじみとなる、敵の移動&攻撃範囲を視覚化してわかりやすくする“危険範囲”の表示も可能。もちろん、ダメージ予想値なども表示されます。
敵の移動&攻撃範囲を視覚化してわかりやすくする“危険範囲”の表示も可能。もちろん、ダメージ予想値なども表示されます。
これらのデータをもとに、敵の移動範囲を読んで進軍して、ダメージ計算をして戦況を管理していく……。『FE』シリーズの醍醐味ともいえる、理詰めで戦略的に進軍をしていく詰め将棋的な楽しさは、今回のスマホアプリでもしっかりと再現されています。
オートバトルや演出のオンオフなど、今風の要素もしっかりと用意されています。昔ながらの“らしさ”を大事にしながら、昨今重視されることが多い“遊びやすさ”もケアされています!

キャラクター

キャラクターへの愛着心が湧いてきます。男女それぞれ個性的なファッション•人柄があり、さわやか王子やちょい悪オヤジ、可愛らしい女の子や少しツンツンめの女性など様々な魅力に溢れています。

検索星5キャラクター

ガチャガチャに夢中になりやすいですし、星5キャラクターを求める方もいますが、実はマークスやインバースなど星4キャラクターの中にも後に匹敵する強いキャラクターがたくさんいるのはご存知ですか!

戦い方は相手によって無限大

 「敵の倒し方かがわからずにつまらない」という方は、キャラ毎の得手不得手を確認して見ましょう。
赤、青、緑は3すくみの関係なので、それぞれの色に対応したキャラを育てるだけで戦いがグッと楽になります。
剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強いという3すくみですね。“剣・炎”ということで赤、“斧・風”ということで緑、“槍・雷”ということで青と、武器だけでなく炎などのイメージを追加して“属性の3すくみ”にしたそうです。
その理由の1つは、色による3すくみも表現することで、視覚的にも判別しやすいようにしたかったからとか。 その他、弓が飛行ユニットに強いなど、特効はいくつか用意されている模様。
また遠距離攻撃なのか近距離攻撃なのかも重要な要素です。その時の敵の情報を確認し、戦略を練りましょう。
戦術は地形もみるべし
「思うようにキャラを動かせなくてつまらない」という方は、地形の性質を理解してみましょう。
飛行キャラでしか通れない川、騎馬キャラでは通れない森など、キャラの移動タイプによって動きにくい地形が数多くあります。
思うようにキャラを動かせなくてつまらないという方は、移動タイプをバランスの良い編成にしましょう。一気に戦術の幅が広がりますよ!

命中率&回避の概念がない

やや大きめの変更となるのが命中率&回避の概念がないことです。つまり、繰り出した攻撃は必ず当たります。
“必ず攻撃が当たる”は味方についても同様なので、主に傭兵や勇者が行ってきた“避けて、斬る”という反撃主体の戦法は見直す必要があります。
もちろん、スキルによる先制攻撃や、ステータスの影響による連続攻撃などは用意されているので、運用次第で有利に戦うことはできます。
スキルによるカスタマイズが熱い!
スマホ版『FEヒーローズ』の最大のポイントとして熱く語りたいところが、スキルによるカスタマイズの楽しさです。
本作はレベルアップによる成長だけでなく、敵を撃破したり、レベルアップしたりすると獲得できるSP(スキルポイント)を使って、スキルを習得することでも強くなれます。これが熱い!
スキルと言えば、強力な攻撃を行う奥義的なものを思い浮かべる人も多いと思いますが、本作では“武器”もスキル扱いとなります。
例えば、初期装備が“鉄の剣”だとしたら、SP100で“鋼の剣”、SP200で“銀の剣”に変更できるといった具合い。
もう1つ特徴的なのが、周囲数マスの味方に影響を与える紋章スキルです。隣接した味方の攻撃力や防御力をアップするなど、歴代作品の支援スキルと同じような形で運用できます。
例えば“飛行タイプのステータスをアップ”など、特定の職業(クラス)で固めることでより大きな効果を見込めるスキルもあるそう。

育てた英雄との交流も楽しめる!

キャラクターとの会話要素。それは『FEヒーローズ』にも踏襲されていました。
キャラ同士の掛け合いではなく、主人公とそのキャラとのミニ会話となりますが、ステータス画面でキャラクターをタップすることで反応が返ってきます。
キャラによっては、ちょっと恋愛チックな会話イベントも用意されているということで。

ストーリーは完全新作

主人公=プレイヤーはアスク王国のアルフォンス王子を助ける特務機関“ヴァイス・ブレイヴ”の召喚師で、物語中に顔を出すことはありませんが、アルフォンスたちによる本格的な物語が展開していきます。
敵となるエンブラ帝国も歴代シリーズの英雄たちを支配しており、基本的にはおなじみの英雄たちを相手に戦うことになります。
敵にマルスやシーダの姿を見かけると、つい会話で説得して仲間にしたくなってしまいます!
個人事業主
とら猫のタマ
いろんなことに興味をもつタイプで、知識を皆さんに共有できれば、うれしいです!
ココをクリック↑